起業するために必要な資金調達の方法

起業するために必要な資金調達の方法

起業家として独立を考える場合に、頭を悩ます問題の1つに開業のための資金調達があります。開業資金の捻出方法が大きなハードルになることがあり、必要な資金を集めることができずに起業を諦めてしまう人もいます。


開業資金がかからない起業

もちろん起業には多くのパターンがあり、インターネットを使ってアフィリエイトや情報商材の販売をするなど、1人で行って資金もあまりかからないものもあります。小規模な個人事業の場合は、インターネット上で無料でできることを駆使しながら低コストで起業を実現していくこともできます。

開業資金が必要な場合

その一方で、本格的な起業を計画し事業規模もそれなりに大きいものにする場合は、それに見合った開業資金が必要な場合もあります。

開業資金をできるだけ安く済ませるという基本方針は守りつつ、必要な資金はどこからが調達しなければなりません。

自己資金で開業

まずは自分の貯金から開業資金を捻出することが1番安全で早く確実な方法と言えます。自己資金ですので返済の必要もなく利息がかかる心配もないため、精神的な負担も軽いでしょう。

自己資金のない人は、融資や援助をしてくれるところを探す必要があります。

家族や知人からの融資

親戚や知人にできるだけ少ない利息あるいは無利息で借りることができれば、資金面で非常に助かるでしょう。ただし、当然のことながら当事者の理解を得た上でのことになります。

銀行からの融資

民間金融機関や公的金融機関から融資を受けることもできます。民間金融機関から開業資金を借りるのは綿密な事業計画を示すことが必須で融資を受けるまでの期間は長いです。

助成金や補助金を活用

国や地方自治体の助成金や補助金を利用する方法もあります。これは融資と違って返済する必要はなく、利用できれば非常に資金面で助かるでしょう。

まとめ

その他、資金調達の方法は他にも何種類かあり、年々増えてきています。事業計画に賛同してくれた個人投資家に投資してもらう方法や、クラウドファンディングと呼ばれるインターネットから支援者を募集し、そこから資金を援助してもらう方法もあります。