会社員が起業準備に必要な経費や期間はどれくらい?

会社員が起業準備に必要な経費や期間はどれくらい?

最近は、日本でも起業家が増えてきていることもあり、スタートアップを支援する取り組みが整ってきておりいます。そこで今回は会社員が起業する際に、起業準備に必要な経費や期間を紹介します。


起業に必要な経費

どのようなビジネスプランで起業をするかで経費は変わってきます。最近はインターネットやパソコンを使って起業する主婦や大学生がですが、インターネットビジネスにかかる経費は法人化したり、事務所を借りなければインターネットとパソコン代程度ですので、固定経費は数千円で起業できてしまいます。

なかには自宅とオフィスを分けたいという方もいますが、最近はレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースなど、格安で仕事ができる環境は多いですし、カフェなどで仕事をしているサラリーマンも多いので、特に場所はこだわらなくても起業はできてしまいます。

会社員が起業するまでに必要な期間

これもビジネスプランによって変わりますが、許認可を必要としないビジネスであれば、そこまで長い期間は必要ないでしょう。許認可が必要な人材紹介や不動産などは関係団体や申請場所で確かめてみると良いです。

ただ、まだまだ副業を許していない会社も多いので、会社の就業規則は確認しておいたほうが良いです。就業規則を確認していないだけで、退職金がもらえないとか有給が使えないなどというトラブルもあるようなので必ず確認しておくべきです。

まとめ

許認可の必要がない職業で起業を考えるのであれば、できるだけ経費は抑え、起業準備はしていても無意味なトラブルで時間を割くのは無駄なので、実際に活動するのは退職日の翌日からというほうが無難です。